メタボリック症候群 精力剤

メタボリック症候群と精力剤|EDだけでない精力剤利用法

 

 

ED(勃起不全)だけでなく、メタボリック症候群にも精力剤は大変有効なサプリメントです。それは、EDとメタボリック症候群は根底でつながっているからです。

 

 

メタボリック症候群

 

metabo

メタボリック症候群は、35歳以上の男性が受ける人間ドックで検査事項の1つとして腹囲の計測が必須となっているなど、日本でもかなり認知度が高い症状の1つです。

 

 

腹の出ている男性に対して、「メタボだね」なんていう光景もよく見受けられるのではないでしょうか?

 

 

しかし、メタボリック症候群は、単なる肥満を現す言葉ではありません。

 

 

若いころの肥満とは異なり、中年以降の肥満は、男性ホルモン値の低下に伴う内臓脂肪の蓄積により進行します。

 

 

その肥満に加えて、軽度の血圧の高さ、高血糖、脂質代謝異常のうち、いずれか2つが当てはまるとメタボリック症候群と判定されるのです。

 

metabo

(出典:http://www.ketsuatsu.com/complications/06.html)

 

生活習慣病はメタボリック症候群の次のステージ

 

metabo

メタボリック症候群の4つの症状がさらに悪化すると生活習慣病と認定される、肥満症、高血圧症、糖尿病、脂質異常症に発展します。

 

 

そして、これらが動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気に発展するのです。

 

 

メタボリック症候群と判定される、肥満+2つの症状となると、心筋梗塞になる確率が30倍以上になってしまうのです。

 

 

メタボについて軽く考えている方もいるかもしれませんが、生活習慣病に進行してから治療をするのは大変であることは想像に難くありません。

 

 

メタボリック症候群と判定された時点で、解消するための行動に出る必要があります。

 

 

メタボの解消法

 

metabo

メタボの要因は、内臓脂肪+2つの要因だからといって、その他の2つの要因を抑えようとしても、それらの2つの要因をもたらした原因である内臓脂肪を減らさない限り、根本的な解決策になりません。

 

 

それまでに確立してきた悪い生活習慣を断ち切る必要があります。

 

 

悪い生活習慣とは:
睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、運動不足、ストレス、たばこ、深酒

 

 

ひとえにこれらの生活習慣を改善するといっても、一気に変えられる人が少ないというのが現実なのではないでしょうか?

 

 

体質改善に精力剤

 

当サイトのトップページでご紹介している高血圧でも飲める精力剤は、ただ単に勃起力を高める、ということだけではなく、男性ホルモン値を高めることにより脂肪の減少を促し、全身の血管をしなやかにし、血流を改善する役目も追っています。

 

 

いわば、健康体になるためのサプリメントともいえるのです。

 

 

当サイトでは、高血圧でも飲める精力剤ということで3種類の精力剤を紹介しております。

 

 

しかし、これらの精力剤は、高血圧の人こそ飲むべきものであり、EDの改善とともに、全身の血管の異常の進行もストップできるものであるという認識のもと飲んでいくことにより、将来発生する重大な疾患を防ぐことができるのです。

 

 

 

高血圧でも飲める勃起薬・精力剤 トップページへ